自分でFMラジオを使って盗聴調査をする方法を解説!

fm-radio現在のところ盗聴器は比較的容易に手に入るようになっているので、誰でも近くの家電量販店やネットショップなどで購入することができます。

この盗聴器は、プライバシーの侵害になるため取り扱いには非常に注意する必要があるのですが、実際のところは様々なところに使用されていることが分かっています。

盗聴器は、録音式盗聴器と、電波式盗聴器に分けられます。録音式の盗聴器は電波を発しないタイプとなることから、電波をキャッチして探していくことができない厄介な盗聴器となります。

しかし、盗聴器内に音声を録音していくため、その音声を設置したものが聞くためには、再度録音式盗聴器を取りに来る必要があります。その為、自宅内などにこの盗聴器が設置されている場合には、基本的には家族内の誰かが、容易に出入り可能な人が設置している可能性が高いのです。

多くの場合、電波式の盗聴器が機能となってくるので、盗聴器を見つける危機を準備する事が大事になります。この盗聴器を発見する装置に関しても容易に手に入る事が可能となっているので、気になる場合は自分で購入して使ってみる事も大事になります。

盗聴器はFMラジオの周波数を使用して電波を飛ばしている可能性が高いため、FMラジオを準備する事によって調べていく事も可能になります。

場所を特定していくまでにはちょっとしたテクニックが必要となってくるので、自分で盗聴器発見が困難だと感じた時には探偵などに依頼する考え方も有効となります。

自力ではなくお金がかかっても確実に!

自分で探すのは不安、見つけられなかったらどうしよう。そう思うのであれば探偵を雇って発見してもらうのが最も手っ取り早いです。当然費用はかかりますが不安な毎日を過ごすよりは1日で解決できたほうが精神衛生上よいと言えます。
盗聴調査するには?盗聴器の発見方法と探偵業者のページを確認して依頼のしかたを把握してみましょう。

素人でも実践可能な盗聴器の発見の仕方について

盗聴器を設置されているのではないか、または最近設置されてしまったのではないかという心当たりがあるなら、まずは自分で実践できる盗聴器の発見方法を実践してみましょう。

まず、盗聴器というものには二つのタイプがあり、電池式で稼働する小型の録音機をどこか、ぬいぐるみの中や普段視界に入らないところなどに設置しておいて、ある程度日数が経過するか、電池がなくなるという時期を見計らって回収し、その後盗聴したものを聞くというタイプがまず一つ。

こちらは回収しないといけないというシステム上、友人や家族、盗聴器が設置された部屋によく出入りする業者などが仕掛けている場合が多いので、設置している人そのものに心当たりがある場合、ほぼ設置している人を特定している場合などは電池式の盗聴器が設置されていることも考慮して探してみましょう。

先程も触れましたがぬいぐるみの中や自分が普段利用しない引き出しの中だったり、机やテーブル、ベッドなどの裏側などに貼り付けているなど、対象者の死角となっている所に設置することが多いので、普段気にしない場所、見ることがない場所を中心に探してみてください。

二つ目の盗聴器のタイプは、どこかから電源を取りつつ、盗聴器から電波を飛ばして外からキャッチするというタイプのものがあります。

電源タップやコンセントの裏側といった所に設置して、電源を確保しつつ稼働するというタイプであることから、基本的に電源付近を怪しみましょう。

こちらのタイプは素人にはわからないと思われるかもしれませんが、FMラジオがあれば素人でも調べることが可能です。

電波式盗聴器の多くがFMラジオの周波数帯を利用していることを逆手にとって、FMラジオを音を出る状態にして周波数をチューニングしながら探っていきます。

部屋で鳴っている音と同じ音を拾った場合は、どこか近くに盗聴器があるということになります。

もし音を拾ってしまったらラジオを動かして怪しい所に近づけていくと音が大きくなっていくはずですから、場所を特定していきましょう。

ハウリングを起こしたら、そこに盗聴器が仕掛けられているはずです。

目視やFMラジオでの探索でも不十分だと感じるなら発見器を用意して探るか、プロに依頼しましょう。

盗聴器がある部屋の兆候とは?これらに当てはまったら盗聴調査を!

最近なにかおかしい、気味の悪いことが頻発する。こういったことを感じたことがある方は、もしかしたら家の中などに盗聴器が仕掛けられているかもしれません。

盗聴器が仕掛けられている可能性がある兆候を挙げてみます。

・テレビ、ラジオにノイズが出る。
・固定電話でノイズが聞こえる。
・コンセントの周辺にいじられたような痕跡がある。
・いたずら、無言電話が多い。
・電話料金が高くなった。

以上の事がいくつか当てはまっているのであれば、盗聴器を仕掛けられている可能性が高くなってきます。

上記に加え、

・泥棒によく入られる
・夜、怪しい車が長時間家の近くに止まっている
・怪しい人に後をつけられる。

こういうことがあるのであれば、早めに対処した方が良いでしょう。

最近何かおかしい、という程度であれば、数千円で買える盗聴電波発見器を試してみるのも良いかもしれません。携帯電話やコードレスホンの電波も拾ってしまいますが、その点に注意すれば単純な盗聴器なら発見する事が出来るでしょう。

夜つけられる、泥棒が多いなど危険な状態であれば早めにプロに依頼しなければならないと思います。2〜3万円から依頼を受け付けているところが多いです。詳しく調査を依頼したい場合は十数万円程度が必要となります。

家の中に異変がある、怪しい人をよく見るなど不安があると人間はかなりストレスを感じます。この状態が長く続くとメンタルや身体を壊してしまうことにもなり兼ねません、多少はお金がかかりますが、早めに対処することをおすすめします。

まさか、うちにもあるの?盗聴器を発見するには

盗聴器と聞くと、あまりいいイメージはありませんよね。自分や家族の会話が、もしも誰かに筒抜けだったら・・・そう考えると、一刻も早く発見して、除去したくなります。

そこで今回は、盗聴器を発見するにはどんな方法があるかご紹介します。

もし、こんなことがあれば要注意

もしかして、盗聴されてる?と思うことがあれば、以下のようなことがないか振り返ってみましょう。

・固定電話を使っている時に、変なノイズが入る

・家の近くに、不審車が止まっていることがある

・無言電話などのいたずら電話が増えた

思い当たることがあれば、それはもしかしたら盗聴されているのかもしれません。

盗聴器がありそうな場所

家の中で盗聴器を仕掛けやすい場所は、コンセント周りです。ここなら、壁の中に入れてしまえば発見されません。それに、電源を直接コンセントからとれるので、電池のように使用期限がありません。設置される側としては、見つけにくい上に電気も勝手に使われてしまう、一番厄介な場所です。

その他には、家電製品の裏や内部、時計の中や裏などがあります。どれも部屋にあるのが当たり前で、裏側は滅多に見ることがありません。心当たりのある方は、このあたりを探してみましょう。

もし見つけてしまったら

見つけたらすぐさま取り外したいところですが、その前に安全確認をお願いします。コンセント周りや電話の近くにある場合、資格を持った人でないと取り外すことができません。

はやる気持ちをぐっと抑えて、プロの業者に依頼しましょう。

■浮気の疑いをかけられているかも?
離婚についての裁判のときに有効な浮気の確実な証拠となると、ナビなどのGPSやメールの履歴しかないのでは不十分で、相手とのツーショットを撮影した写真や動画などが準備できれば最高です。となると自宅にビデオカメラや盗聴器をしかけて浮気の有無をチェックされている可能性もあると思いましょう。

これらを撃退するには探偵、興信所などの専門家にお任せするのが成功の近道です。

浮気していたということが間違いないことを認めさせるため、さらに離婚裁判や慰謝料の要求をするためにも、ごまかすことのできない証拠が何よりも大切になるのは確実です。はっきりしたモノを認めさせることで、後は言い返されたりせずに解決するはずです。

「どの程度の調査員なのか、と機器のランク」の二つで浮気調査の結果が違ってきます。調査を行う担当者が備えている能力を客観的に比較することなんて無理ですが、どういった盗聴器を完備しているかだったら、しっかりと確認できるのです。

実をいうと、各種調査をしている探偵社の費用設定や料金システムは、横並びの基準はないうえに、各調査会社別の独自の仕組みや基準で細かな金額を出すので素人にはわかりにくいのです。

自分自身で証拠となるものをつかもうとすると、様々な面で苦労があるので、なるべくなら浮気調査は、信頼できる浮気調査が可能な探偵事務所等を活用していただくのが賢い選択です。

盗聴器を仕掛けるのは犯罪者だけではないようです

ひそかに盗聴器を仕掛けて、いろいろな情報を聞き出すというのはスパイ映画などでよくあることです。しかし、そうした映画やドラマの世界だけではなく、意外に身近に仕掛けられていて発見すら難しいものです。機械類は時代と共にどんどん進化していくもの。これは盗聴器も同じです。昔のようないかにも盗聴器だというようなものは減り、一見すると何の変哲もないものが実は盗聴器だったりします。発見するのはこんなんです。

よく考えてみると恐ろしいですよね。こうした盗聴を行うのはストーカーなどの犯罪者だけではありません。実は自分の配偶者、つまり妻や夫が自らに盗聴器を仕掛けているケースもあるのです。つまり自分が自宅を不在にしている間の配偶者の行動を調査したい、といった事です。場合によっては浮気を疑って盗聴器をしかけることもありますからね。

または警察など国家機関が犯罪防止のために仕掛けていることもあるのです。盗聴調査と呼ばれるものです。時にそれが暴露されて問題になったりするケースもあります。外国の国家機関になるともっと露骨に盗聴を行っていたりします。専門の情報機関が盗聴器を仕掛けて、機密情報を盗み出すということもよくあるのです。これらは映画の世界ではなく、現実によく起きていることなのです。

さて、そうした国家規模のものでなくても身近で起こっている盗聴問題。これは盗聴器が普通に売られているというところに問題があるのかもしれません。ある店に行けば、普通に店内に盗聴器が商品として売られていたりします。これだと盗聴被害が減らないのも仕方がないかもしれませんね。販売する側のモラルも今後は問われてくると思います。いずれにしても、人が知られたくないことを聞き出すというのはあまり趣味の良いものではありません。心当たりがある人はいますぐ盗聴器を発見して下さい。

安全が脅かされる盗聴器ってそんな簡単に入手出来る物なの?

よくテレビでは探偵が車を走らせながら盗聴器を発見する番組を観かける事がありますが、そんなに仕掛けられている事が多いのか不思議に感じてしまう事があります。

それよりも盗聴器を仕掛けた人が盗聴する事でどんな得をするのかが良く解らないものとなってきます。

あまり仲の良くない親戚が自分たちの陰口を言っているのではないのか、別れた恋人が新しい恋人と過ごしている時の会話が気になるとか、あるいは自分の夫(妻)が自分の浮気を疑って仕掛けているケースなど、さまざまな事で使用されています。
これらの盗聴器を発見するのは困難です。

しかし根本的に仕掛けられている人は自宅が盗聴されている事を全く把握していない訳ですから当然犯罪行為になってきます。

盗聴器を許可なく使用する事は犯罪になるのに仕掛けた方はどのように購入しているのでしょうか。

以前某番組では秋葉原でも盗聴器の購入が可能だと放送をしておりました。

何でも流通している時代ですから、勿論ネットにても購入可能かと思われます。

しかし盗聴器は犯罪に使用される事がやはり多い訳ですから購入する人の身元をしっかりと把握する事が重要なのではないかと思われます。

身分証明書は勿論、一体どんな経緯に使用するのかの確認の上販売する事が大切ではと感じてしまいます。

私の中では盗聴器を必要とする職業は警察であったり探偵であったりと使用目的がすぐに解る人達と認識しています。

盗聴器を求めている方がいれば購入目的をしっかりと確認する事でプライバシーも守る事が出来、安全な生活を送る事が出来るのではないのかと思います。

もし違法に設置された盗聴器なら発見するのがたやすくなりますからね。